gdgd」カテゴリーのアーカイブ

電気自動車インプレ:日産リーフ〜納車後即中山峠試走。

土曜日, 8月 26th, 2017


日産のリーフをチャーターする機会を得たので、早速走ってみた。

クルマ内装的には、一般的な5ドアコンパクトタイプのクルマ。車高はさほど低くもなく、日産車特有の頭上の車内の圧迫感もなし。

電気自動車的な特性として、エンジンがなく、駆動はモーター。凄く静かで、気にならない駆動音。アイドリングがないのは凄く新鮮かつ快適。

走りは推奨のエコモードで行くと、安全運転的な走り、流れにはちょっとついて行くのは苦手な感じかなと思いつつも、ちょっと強めのアクセルで加速すると、エンジンにはないフラットに立ち上がる加速に驚かされる。明らかにバイク以上の加速の良さに、モーター駆動の特性が出てるのがわかる。

走りのモードは、前述のエコモードと通常モード。通常モードはエコモードとは異なり、キビキビとした動きに驚かされる。コレはなかなか走りやすいクルマだ!と思わせる反面、かなりの勢いで走行可能キロ数が減っていく、この辺りは走り方にもよるが、空いた峠を高速で突き進むと、驚愕するコトになる。

ちなみに、藻岩山下出発時に210キロの走行可能キロ数が、なんと、中山峠頂上で98キロにまで減少したのにはたまげた。登り基調25キロ走ってコレ。

まあ、折り返しはエンジンブレーキ機能な回生ブレーキ活用したりで、折り返しで大体170キロまで回復。コレは長距離な峠を縦走するのは結構ヒヤヒヤモノかもしれない。

回生ブレーキは、なかなか面白い道理にかなった機能、下りのパワーをモーターが回されることを利用して発電、バッテリーに充電する機能。峠の下りは充電を意識して走ると、ダダ減りした残キロ数を改善できる。こういったコトを考えた走りを意識するのが良し悪しの分かれ目かも。

電気自動車の宿命たるバッテリー荷重だが、このリーフは専用設計なのか、車重はだいぶ低重心で走りに安心感を感じられるくらい安定している。動く、止まるがしっかりできるクルマだ。海外の自動車とかでも、なんか微妙に気持ちの悪い挙動が見受けられる場合もあるが、リーフに関してはそれはない。

デメリットといえば、やはりバッテリーの持ちと、充電時間か。今はまだまだ珍しいクルマだが、充電スポットはまだまだ足りないし、場所に1台くらいしかない、あとは充電時間だが、95パーセントまではかなりの勢いでいける(大体400v100Aくらい)が、それ以上はかなり時間をかけて充電(400v3〜5A程度)となる。90〜99パーセントまでは25分かかる。いわゆるリチウムイオン電池の電源管理なんだが、まあ、大体8割入れとけば幸せなのかな?

広告

Prof.Duo的2016年総決算【BestBuy2016】

土曜日, 12月 31st, 2016

ついこの間2015年を書いた気がするのですが、時の過ぎるのは早いもので・・・

今年のプロダクト総決算・・っていうか、新しいMacとか、アップルのガジェットは買ってないので、何ともはやだが・・・

今年はiPhone7以降からいよいよFeliCaが導入されたわけだが、内蔵ゆえの融通の利かなさ、カジュアルさがいまいちないか、製品としてはもうちょっと成熟してほしい感じもある。まあ、日本のFeliCaは結構胴元の利権が絡んでいたり、もし運用したとしても、面倒なサポートが増えるのが大変と予見できるのか、なかなか浸透しない。このあたり、もっとプラットフォームを公開するアップルは手軽にすべきかと思うんだが、どうなんだろうね。まあ、与信系が乗ってだいぶスムーズになったのかもしれないけど・・

当方は相変わらずiPhone6sにカードを抱き合わせてつかっていますが、何か?

これのいいのは物理的カードを適材適所で取り替えればいつもの感覚で過ごせるというもの、例えば、JRを良く使うエリアで動くならkitaka(Suica)をさせばいいし、自分の通勤ではSAPICA(札幌市の地下鉄・バス用のFeliCaカードをつかえばいい(自分的にはめったにJRをつかわないので、もっぱらこのパターン)そして、海外、一部で導入している非接触カードがあるところの鉄道やMRTの改札でも、カードを取り替えればいつもの感覚で使える。これくらいカジュアルになってくれればいいんだけど、なかなかそうはいかないって感じか。

さて、ちょっと脱線したが、今年のBestBuyは・・・

・大賞・ガジェット部門

image

「iWOWN i5 Plus スマートブレスレット」

(Amazonでだいたい2千円〜3千円)

中華製品の中で今年最もコストパフォーマンスの高かったのがこいつ、基本的には活動量計というかスマートな時計なのだが、Bluetooth接続でちゃんとリマインダも動くし、iPhoneの子機的なメッセージや電話番行表示、バイブレーションなどもしてくれる。何がいいかといえば、使い方にもよるけど平気で1週間は充電なしで使えること、また、接続がいきなりUSB端子になっているので、専用のケーブルがなくても気軽に充電できるし、アプリの作りがやぼったいがご愛嬌ということでまあ、悪くはない。あと、まあ、頑丈かな。
それよりマシに歩数計や睡眠時計測、ヘルスバイタル情報を取りたかったのでJawbone UP3を使っていたが、これと合わせて使うとまあまあいい感じになる。

まあ、気持ちいい寝起きタイミングで起こしてくれるUP3は、かれこれ4ヶ月使っているが、悪くはないけど、UP2は買って2台とも3ヶ月もたなかったのは残念って感じか。

このデバイスはちょっと大化けしそうな要素や奥行きもはらんでいて、ちょっと興味深い。

・Mac,PC部門 「該当なし」

ああこれは!っていうハードがなかったなー。現行のMacBookPro2016は正直ほしいと思う要素がなかった。内部拡張性がないマシンの割にスペックがいまいちなので、飛びつく気にはなれない。ストレージが速いのはいいことだけど、4Kでストレスなく戦えるマシンがほしいかな。少なくとも今のじゃダメ。

そんなわけで今年はxserve 5台、MacPro2010,2008を1台づつ、iMac2011を1台、Macminiを5台、MacBook2008を1台・・・おお、今年結構ジャンクだがMac買ってるなぁ。

img_3030

ちょっと気になるのは最近のマイクロソフトのハードが興味深いところか・・

・映画・コンテンツ部門

「この世界の片隅に」
この世界の片隅に、はいいぞ!
まずはこの映像を見てほしい。話はそれからだ。

img_0655

のほほんとした日常の映画、それが戦時を挟んでどう変遷していくか、そのあたりをこうの史代先生の独特の、のほほんな描きっぷり、そのベースには生活様式や状況の時代考証の緻密さ、片渕監督の執念の現地踏査と戦前からの記憶を映画というコンテンツに注入され、それだけでもおなかいっぱいなのに、コトリンゴのほんわかサウンド。戦前の昭和8桁から昭和21年までを描いているが、なんとなく今の時勢に近くなっている気がする。

それにしてもこの表現し難い感情はなんだろうね。今年の映画はお知り合いでもある新海誠監督の独壇場だと自分でも思っていたが、この映画を見たときの、感動っていう言葉では全然足りない心に宿る・響く感情としての感銘はなんなんだろうねぇ。この映画をつうじて、感銘の受け方はいろいろな形があるんだなぁと今更ながら実感した次第。

あと、圧巻は能年玲奈(のん)さんかな。この娘、やるなぁ。本当にすずさんをやるために生まれてきた人のようだ。もうね、スゴいよこの娘!

惜しむらくは、ぜひ、リンさんとすずさんの掛け合いのシーンも補完してもらいたところだ・・・

片渕監督はかつて、ジブリアニメの「魔女の宅急便」の監督の予定だったんだけど、スポンサーの意向で宮崎監督に変更させられてしまったという若い頃の苦労話もあるけれど、近年は実力生かした作品で数々の賞を受賞され評価されている監督さん。今回の作品も資金でかなり苦労されたと聞いているけど、じわじわ良さが伝わって、今頃しみじみニヤニヤしとるんじゃろうか。

※こうの文代先生の作品は平成18年から21年にかけて青年誌に連載、ちょうど元号がその頃の時勢に合わせて連載をしていたそうな。

次点「君の名は。」「シン・ゴジラ」

img_5089

「君の名は。」は、スピード感と新海映画の真骨頂ともいえる映像と楽曲が見事に調和して、疾走感を楽しめる映画かな。5回見に行きました。BDは出たら買うなぁ。
新海監督は今回背景描写に手を入れていないとか・・それでもきちんと集団で作品を作り上げる体制が作れるようになっていて、その意味では成長したなと。それとx68000が映画に出演していて嬉しかったこととかね・・・(そこかよ)

それにしても新海監督、いつの間に結婚してたの!?知らなかった!

「シン・ゴジラ」は、6回。うち1回は国際線の機内で早送りしながらだけどね。これはどちらかというと、早回しで拾えなかった濃密な情報量や小ネタを拾いに見たって感じか、しみじみ見て思うことは庵野氏と樋口氏が作り上げたオリジンのゴジラのオマージュなんだなと。昭和29年、1954年公開の初代ゴジラを買ってみたけど、初代ゴジラに敬意を払って作られているんだなぁと実感。これはBDをついうっかりポチッとな。4K環境ないけどご祝儀で4K版ディスク付きにしておいた。

・楽曲

BestBuy「該当なし」

うーん、藍井エイルばっかり聞いてた気もするけど、あとは、シン・ゴジラのサントラ・・・。あとは・・・これといってピンとくるところはないかな。

ライブではいろいろなアーティストの方のステージを見る機会があったりして面白く過ごせた1年かな。ライブ音楽に触れながら楽しく過ごす仲間たちとの交流ができたことは良かったかな。

・カメラ部門

「該当なし」

今年、ついうっかりEマウントのカメラのNEX-7を中古で買ってしまうということをしたけどコンデジ扱いのカジュアル使いとしてはアリかな。とか言いつつ、仕事でもちょっと使っていたりしたけど、カジュアルなビデオ撮りとして使うならこれでもういいやとか思っている人がここに一人います。はい。

まだ実機を触っていないので、α99IIの評価ができないけど、ちょっと使ってみて買うかどうか思案中。

・2017年に向けては、新しいMacが出るようだけど、ちゃんとアップルにはソフトにも腰を据えてもらわんとならんね。かなりアンバランスになっとる。来年はこの辺りがうまくなってくれることを株主としても期待するところかな?

あ、気がつけばもう今年も12時間ちょっとか・・・2016年、ありがとう。2017年もエキサイティングでいい年になりますように!

本日の作戦行動:今日は中山大障害

金曜日, 12月 23rd, 2016

ということで、吹雪の札幌。今日は部屋にひきこもりながら、個人的に競馬に興味を持ったきっかけになった中山大障害予想と投票と音声による観戦を企みつつ寝たり起きたり。

あー、それはそれで幸せ。

先週からの頭痛からの体調不良でホスピタル入りしたら、ひとしきり減量と、ちょっと様子見と言われ、とりあえず薬を処方され様子見。ロキソニンの効果でカバーできているようで悪くはなさげ。

明日、改めて診察受けてからの飲んだくれの予定。酒の制限は言われていないので、まあ、嗜む程度で楽しもうかと・・・。

この週末は有馬記念もあるし、馬に願いを!って感じなんだけど、今日の早いレースで全く撮れる雰囲気もなかったので、今日は中山大障害で様子見かなぁ?

 

本日の作戦行動:きねんび。

日曜日, 3月 22nd, 2015

何故か私の知り合いの誕生日が3・21に集中していてびっくりするなど。

まあ、そんなもんです。

昨日今日と自分の養生に専念するため、寝溜めしたり当座の食い尽くした備蓄食料を買いだめしたりと・・・。

あ、後はプロジェクタ道楽再び。安いエプソンのELP-735を・・。プロジェクタはホントに安く手に入るようになったね。

そういえば、MBPの17インチの修理の話。リペアプログラムの対象外として手付かずで送還されてきてから、どうも調子が良くない。外部デバイス使うと死のアルペジオが流るようになるあたり、もうダメかもわからんねという感じか。

夏頃にメインマシンを入れ替えるか思案のしどころかな。ちょうどプロセッサもBroadwellに塗り変わる頃だし、色々と変わってほしいかなと思うところ。

自らデジタルハブを捨てたMacBookなぞに興味はない(珍しく保守的だな自分(笑))ので、さて次はどうしたもんだろう。MBPr15かな。13だと役不足だし・・でも、MBA13とか行ってしまいそうかもな・・。

そういえば、「ヤマト2199追憶の航海」見てきた。

日曜日, 12月 7th, 2014

土曜日の出来事をあまり触れていなかったが、封切り当日に映画を見たんだった。

そう、ヤマト2199の完全新作。ヤマトってリアルタイムで記憶しているのは完結編とか、なんかビミョーな2520とか、さらにアレなキムタクの実写のヤツとか、で、まともに見たののってヤマト2199の本編の3回め位からかな?

本編は一部の回をBDで当日買いしたりとかして結構楽しく見ていたのだが、今回は外伝的な作りの完全新作。ストーリー的にはヤマトの本編でいう、向こう正面から第4コーナーを回ったあたり(ややこしい)のあたりか、復路のバランからワープゲート前だよな、本編には直接触れられてない森船務長と古代のキャッハウフフ(?)復路編があるあたりとなる。

ネタバレになるのでこれ以上はストーリー的なことは書かないけど、なんだろうね、結構意見が別れるところかも。特に本編にもあったあの演出は嫌いではないので私的にはまあまあ楽しめたかな。

しかしまぁ、よく外伝を考えたものだなぁと。個人的にはもうちょっとまこっちゃん(L)とか西条さん(M)とか出てきて欲しかったかな。

あとは、なんとも、艦これをやっていると妙に旧海軍の戦艦や駆逐艦に思い入れが出てくるのだ、そのあたりもちょっとニヤリとするところが。個人的にはミリオタな誰かさん(S)の設定が面白かった。

是非今度は宇宙潜水艦伊58あたりを(をい)という感じかな。一応終戦まで生き延びた潜水艦だし(なにか違う)。

まあ、BDのリリースはもっと後になるようだけど、映画館で見るだけでいい感じかな?

本日の作戦行動:3連休初日。札幌オータムフェスト開幕!

土曜日, 9月 13th, 2014

IMG_3825.JPG

って、昨日からだったんだそうだが、今日あたりいってみようかと。

そういえば、昨日の16時から、アップルでiPhone6,6Plusの予約受け付け開始。

9月までアップルストアは0%ローンだし、アップルのオンラインストアでSIMフリーポチッとしようかなとか思ったり、そうでもなかったり・・・ネタ的には飛びつくのが筋な反面、実は5s乗り換えしたのって去年の暮れなんだよねw。

まあ、皆さんの動向を見極めつつ、当面困っていない5sで行こうかとおもっているところだったり。

ちなみに、並ぶのは得策じゃない上に、今回アップルストア札幌あたりは隣の三越の外壁改修工事で並ぶのが大変なことになりそうな悪寒。まあ、アップルストアでもオンラインから店頭引き受け予約受付しているので、そっちで手続きした方が幸せかもしれません。

各キャリアの方は、ソフトバンク、auあたりがプランを発表、ドコモも出しているけど、価格の練り直しとかで情報が突如削除されたりと混乱気味。今回からかけ放題とパケットプランの細分化でトータルの料金が高くなりつつある反面、MVNO業界の切り崩しが見受けられるなど、ちょっと興味深いところ。

キャリアのリベートプランで買って、最低料金でそのSIMを寝かし運用して、MVNOのSIMを使うとかも案外悪くないかも、テザリングしないならこれも結構有効かも。

今までの7GB上限で、通話従量契約のままSIMフリー版をアップルストアで買っちゃう、もしくは機種変更するという選択肢も、ニーズを考えるといいのかもね。

(電話としてはあまり使ってない私的にはこのプラン安定なんだが・・)

 

とまあ、ちょっと思案のしどころな初秋のひととき、旨いモンでも食って考えよっと。

本日の作戦行動:6がつだねー。

日曜日, 6月 1st, 2014

ということで、昨日はカメラのメンテナンスをしにマチに出て、その後暑かったので呑んだくれ。で、今日は真駒内駐屯地に行く・・・つもりだったんだけど、華麗に出遅れたので、ニコ生みつつのほほんと提督業を。

あまりに近くの駐屯地のイベントなので、155ミリ自走榴弾砲の空砲が聞こえたり、攻撃ヘリが滞空しているのをベランダで見たりするくらいな感じ。

 

もうちょっとしたら野暮用で出かけるけどね。それまでの間、夏の装いへの変換作業を・・・

さて、Chromecastだが、その後、まあ、用途としてはいまのところようつべ流し見環境かな。もうちょっとアプリが整えば面白いけど、今のところはAppleTVに軍配が上がるかな。

さて、いよいよ週明けにはアップルの一大イベント、WWDC2014が開幕。今年は知り合いが軒並み落選という憂き目に。で、当日の同時通訳イベントの参加も自分の仕事の影響で参加が怪しいので今回は流動的になっています。

で、出物といえば、やっぱりMacOS10.10。どうやらコードネームはヨセミテになるようですね。ヨセミテといえばアメリカのカリフォルニア州の国立公園ポリタンク筐体を思い出さずにはいられないのですが・・・・。

あとは、iOS8かな。その他にはいい加減出てほしいMacmini 2014モデルとか・・・結局2013年モデルは出なかったので・・・CPUのことを考えると、今年末から来年にガラッとインテルのプロセッサ世代が変わるので、大きな変更はその後かな・・。そういえばアップルの4kモニタまだーとか、いい加減テレビは〜とか、ビーツなヘッドフォンを買収したので音楽周りが変わるの?とか興味は尽きないところかな?

まあ、iPhone6周りの話はまだっぽいけど、画面周りのことを考えるとなんかあるのかなぁとか。例のモック流出事件とかでアップルが珍しく対策に乗り出しているところを見ると、流出したものがどうやらアタリなのかなと勘ぐっても見たりと・・・

興味深いところですな。

・・・・興味深いといえば、6月4日でMACS北海道の開局25周年です。思えば遠くへ来たもんだ。(こればっか)天安門事件もこの日だったね。そういえば・・。

夜汽車に揺られ〜。

火曜日, 5月 20th, 2014

今日は諸般の事情で旭川で仕事。そして、帰りのスーパーホワイトアロー・・・じゃなかったカムイで札幌帰投中。

話には聞いていたんだけど、旭川の駅前ががらっと変わってビックリした次第。前の旭川駅は結構好きだったんだけど、一気にシンプルに変わってしまったんだねぇと。

風情のある駅がなくなったのは寂しいかもしれない、けど、今の駅もスタイリッシュでいいかなぁとか。岩見沢駅のようにレンガがイコンとして落ち着いているように、ふんだんに木材が使われているところに好感が持てる・・・かな。

 

さて、帰り際、どうしようかな(をい)

2014年が始まりました。

金曜日, 1月 3rd, 2014

ということで、新年も3日目。正月3が日最終日。

まあ、年越しは我が酒保たるすすきので迎え、初詣列車があるうちに早々に帰投して、朝起きたら昼前だったという、相変わらずの私の2014年スタート!

1536576_582708511808695_1551304133_n

新春最初のガジェットはこれ!英国ヴィッカーズ社で建造された金剛 Raspberry PIデース

こんな手のひらマシンが世界にあるとはねぇ。とりあえずそれなりに高機能なホビープラットフォームなので暇を見て何かに使ってみようかと。

手軽にこういうハードが手に入るなんて、21世紀だねぇ。

と、ひとしきりセットアップをしたり、検証をしたりで元旦は終了。

2日は朝から街中を徘徊したり、林檎商店詣でをしたり、福袋で紅茶を買ったりとした後、高校時代の友人と誰よりも速い忘年会をして、旧交を温め直したりしてました。時の流れとともに、変わっていく環境だけど、やっぱり古い友人たちと語らうのはいいね!

で、今日、3が日の最終日は、充電タイム〜。昼からもらい物の賞味期限気ぎりぎりの備蓄の袋ラーメンを消化したり、冷凍庫に入って忘れていたフローズンマッコリのボトルを掘り出して呑んで凍えたりと・・・。

明日は、ちょっと仕事方面の仕込みでもするかな?とか、考えておりますん。

さて、2014年もProf.Duo的日々、マッタリと参ります〜。

本日の作戦行動:翻弄される秋の休日。

土曜日, 10月 19th, 2013

ということで、仕事的には再来週にあるイベントのデスマーチ進行に翻弄されつつある感じなんだけど・・今週末は何とかお暇がとれた。

で、なにげにおきがけから先週お誘いいただいた艦これで、やたらふえまくった駆逐艦の近代化改修にうつつを抜かす朝のひととき。気がつけばもう昼下がりじゃん!

外は気持ちいい秋の青空だというのに!週末限定引きこもりダメ人間になりそう。

・・・でも、今日はひと味違うぜ。

これから寄り合いに進撃します、今回は先月腰痛悪化で行きそびれた例の舶来品を持って行きます。あと、恒例のプロジェクタもね。