悪いが俺は休暇だ2020:出撃!

木曜日, 1月 9th, 2020

年末からちょこちょこ調整していて、年明けになった今年の遠征第一弾。

フライトが夕方にもかかわらず、昼前に新千歳空港に着いて色々と準備や仕込みなどを。さすがにやることを早々に済ませてしまい、チェックインまで、1時間以上ラウンジでまったりと飛行機の離着陸を眺めるなど。

やっぱいいね。旅って。まだ基地から空港までだけど(笑)

現地到着は22時頃になるようだが、なんのかんのやることを片付けて宿に着くのは日付変更線変わる頃かな?

そういえば今回はMBA2013が不調になったので、13インチのMBPを持ってくるつもりが・・・15インチを持ってきてしまった。まあ、ほとんど厚さも変わらんし、まあこれでもいいかなぁとか思いつつ、持ってきたけど・・いや、やっぱり重いなw。

その他には17インチもあるけど、さすがにそれは・・となる。

さて、昼飯にジンギスカンでも食べてから、ぼちぼち制限区域内のラウンジにでも行っていようかな?

(1時間後、日本出国・制限区域内にて)

新しい新千歳空港の国際線ビル、前に来た時の倍になっていてびっくりした。前回、新千歳の直行便を使用したのが確か2017年の秋、いや、16年の秋だった気がするが、その時の倍にビルが膨らんで(いや、増築してただろ!)いてびっくり。不思議なオブジェがなくなったのが寂しいところだが、色々と広くなったなぁと。残念ながら新千歳空港に向かうのエアポートバスは国際線ビルには行かないけどね・・

今回は2016年のGW以来、scootを使用。TigerAirと合併して、フライトナンバーがTRになったんだね。色々と他のLCCとは違って使い勝手がいいscoot、チェックインを先に済ませるとなんと受託手荷物だけ託して、あのダラダラ長いチェックインカウンターを回避できるのはいい。ということで、受託手荷物のリリースも秒で終了。

そして、出発ゲートに。何もかもがようやくハイテクになってやがりますか!。入り口の確認もパスポートをかざして、顔を向ければオッケー。手荷物検査もカジノのカウンターのように、パソコンやタブレットを荷物から出してチェック。そして、全身のスキャナチェックとボディチェックで終了。その後、出国だが、日本人はパスポートを受け付け機にかざすだけで通過できる。パスポートのビザの欄に出国のスタンプがないのが寂しいが、まあ、21世紀も20年が過ぎて、まあこうなってくるもんだよね。と、妙に納得してしまったり。

国際線のカードラウンジにはリアゴありません(´・ω・`)

さて、異国へのフライトはあと1時間くらい後のようだ。もう少し充電をするとしようかの。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。