本日の作戦行動:ざんねんなできごと。

日曜日, 4月 7th, 2019

選挙サンデーでサクッと投票を終えて街中に繰り出す。

ふと思い出したのだが、電子書籍や楽曲ダウンロードサービス。データがしっかり手元にあるものならいいのだが、問題は配信系のサービス。

数年前に、新海監督の映画のムービーダウンロード購入をしたのだが、いつのまにかiTunesStoreから消えた際に、購入した記録まで消えて(´・ω・`)となった記憶がある。

レンタルならまだしも、金を出してダウンロードしたのに配信やめたら権利までも消え失せますか。

あとは、問題や事件を起こしたアーティストの作品。コレも買っているはずが、忽然とライブラリから消えるとか。配信の所有権はそんなもんなのかね?

iPhone/iPadアプリもそう。アフターバーナークライマックスやクレイジータクシー、ラブプラス+あたりは既に現行機種では新規ダウンロード出来ない状態にある。まあ、新OSに対応していないからというのもあるが、所有権、使用権的にそれはどうなんだろうか?となる。

人によっては意図的に古いアプリを使いたいユーザーも居るはずだが、なんでも新しい環境!でってのはサービスとしては杜撰じゃないかなぁと。とか、これが主流だとメーカーの言いなりにソフト資産が消滅されてしまうトンデモ事態に。

なんでもサブスクリブションがいいってわけじゃないんだよ・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。