周回遅れを挽回できるか?

土曜日, 6月 8th, 2013

とある組織でめずらしい動きがあったので、先日、その会合に行ってきた。

こんなに問題意識を持っている「とんがった人たち」がいることが結構居て、なんか救いだったかな?

でも、淡い期待をもってみたけど、やっぱり相変わらずだな。まあ、そういう中のひと思考になるのもムリはない。外からの刺激がないのだから・・・ガラパゴス思考な会話にちょっとづつ燃料を投下してみたけど・・・

まあ、どうしてこうなのかな。10年以上前にあったのと大して変わっていない、周回遅れで上滑りな議論。

いつまで経っても言いっ放しのアバウトなタマ出しばかり。あと、出来ない理由なんて誰も求めては居ない。

すこしは「よし、じゃあちょっとやってみようじゃん!」ってならんもんかね。

あと、ないものねだりしたって、自分たちが動いて、状況を打開できるような環境を創り、何らかのカタチで「始める」ことをしないと、いつまで経っても絵に描いた餅の域を出ないんだよ。

まあ、妄想も企みも似たようなものか。でも、違う。動かすための何かのアクションには、想いという企画・構想力と、あとは、原動力。

まずは、ニーズ、シーズを見極めろ、聞け、考えれ、そして、すこしでもいいから動け!失敗を恐れるな!

・・・まずはそこからかな。

 

自分的には、とある港町や、とある山麓で仕掛けた企みがなんか懐かしい。

・・・ええ、自分にも言い聞かせてますとも。また、何かやりたいなぁ・・・と、呑んでから仕事戻って徹夜明けにふと思ってみたり。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。