Xserve(Late2006)の8Core改造(Clovertown換装)出来ました!

日曜日, 5月 12th, 2013

ということで、先日よりXserveの安定運用と改造の運用をすすめていたところだ。

昨晩、帰ってきて呑んだくれたついでに、もう1台のデュアルコアのデュアルプロセッサ稼働しているXserve(x5130→x5160換装済み)を4コア(Quadcore)のX5355に換装。

20130507-231125.jpg

ったって、至って簡単。本体のふた開けて、エアフローとヒートシンクを外してプロセッサ入れ替えるだけだし。(写真撮るの忘れてたので、X5160の換装の時の使い回しな)

出た頃は@140,000位したらしいけど、今、このあたりのプロセッサは部品取りジャンクで@4000円くらいで買えるあたりがいい感じかも。

ただ、うるさいけどね。

排熱はちょうどいいヒートシンクとかがなかったので、すでに部品取りの鉄の塊と化しているXserveG5を間に挟んで放熱処理するという策で、今のところBlackmagicのベンチをかけつつ、HDムービーを長時間再生&TB単位のファイルのバックアップを回しつつ、安定運用している。プロセッサの温度もXserveG5ヒートシンク(をい)の効果か、だいたい45度〜50度くらいで推移しているので、まあ、こんなもんでしょうという感じか。

不安定だったXserveRAIDも、結局重連運用は止めて、単騎で14発、RAID5で2アレイ単位で運用することにした。結局もう1台のRAIDは、残念ながら部品取りになりましたとさ・・・

って書いてる矢先にXserveRAIDまた㌧㌦

追記。メモリも安かったのでポチッとしてみた。検証を兼ねてベンチ取り直してみたらこんなだった。

xserve2006

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。